2017年05月23日

(続)二十歳の旅日記

KIMG0780-600

Guadaraharaに滞在していた当時、いっしょによく飲み歩いたGaburieru。

お世話になっていたPencionの家人で、歳も近いこともあってすぐに意気投合。東洋からの訪問者に興味を持っていろいろ質問してくれるのだが、こっちが話半分がやっとの会話力で、あ~残念!

Zocaroの酒場へ案内してくれて、マリアッチの生演奏を楽しませてくれた。今も姪っ子のAnhericaに、手を焼いているのかなあ!

2017年01月05日

(続)二十歳の旅日記

300 300

Oaxaca de Juarez Pencionにて。

人口の約4割が先住民族だという山岳地帯の古都・Oaxaca。

トタンをはっただけの部屋。日が暮れると、冷える、冷える。

Pencionの娘は、たびたび部屋に遊びに来る。呼び戻す母親の声が、だんだん大きくなってくる。

2016年02月08日

SATHER GATE

CA

 夏の休暇中にしては人が多い。日本人の学生も多いが、それ以上にすごい外国人の学生たちの数。サマースクール花盛りといったところか。とてもにぎやかだ。

 日本の大学のキャンパスと違い、さすがに広々としている。歩き疲れそうだ。自転車の連中もいる。通常の大学の授業が行われる時期は、ここはどんなだろうか? 今よりもっとにぎやか? もしかするとその逆かも?

 さっきJapaneseの女学生だと思って話しかけたら、Chineseだった。ビックリ。それにしてとてもカワイイ。きっと香港からではないだろうか!

 日本人学生はすぐわかる。いつも3~4人が連れ立って歩いているし、東洋人はそもそもどこにいても良く目立つ。Chineseは英語を話せる人が多いのか、白人らと話しているシーンをよく目にする。

Barkley Landmark “SATHER GATE”前にて ———————————————– 二十歳の旅日記より

2015年05月08日

Nueva Yorkの自室にて

NY

 予想通りの物価高。当初Hotelは10軒以上回ったが、どこも1泊$8~9。Manhattan地区はやはり高い。ここも1泊$8.75。でもWeekly Rateだと$36.75。もうここに滞在して、だいぶ立つ。

 毎日外食ばかりしていると、いくらお金があっても足りそうにない。スーパーマーケットがない所なので、食料品を扱う小売店をやっと見つけて買い込んできては、ここで食べている。

 この地区には黒人が多い。5番街からはちょっと離れた8番街はどちらかというと下町に近い方なので、黒人が多いのか。フラフラして時を過ごしている連中が多い。やはりヤツらには、特に気を抜けない。

 このRoomの窓の外は中庭になっているが、上の階からのゴミでいっぱいだ。時々、空きビンが落ちてきて砕ける時がある。ひどいマナーだ。

 ラテン人がNYには多いのにびっくり。毎日スペイン語を耳にする。ここのヤツらも、実に大声で話をする。深夜でもわめいているヤツがいる。それにしても、昨晩の停電の時は、ひどかった…!

Nueva York  —————————————————————————- 二十歳の旅日記より

2014年12月29日

DALLAS

D

 夜中の12時前だというのに夜行バスを待つ大勢の人。大半が黒人だ。俺の後ろでワイワイ騒いでいるのは、黒人のおばさんたち。例の3分間4枚の写真($0.50)をみんな撮っているのだが、その出来を見て笑っているようだ。

 まだこちらの世界に慣れていないためか、何かしら不気味な気配を感じる。あちらでいつもやっていたように外を歩き回ろうとしたら、黒人らの目つきが「今にも襲い掛かろうか」というように感じられて、時間も時間だし少し歩いて止めにしてしまった。

 ここでは黒人以外の人々は小さくなっているみたいだ。同じバスで来たMexcano2人も、待合所の隅っこで小さくなっているように思える。黒人らが「わがもの顔」で立ち回っている。Losでも思ったが、黒人らの目つきには本当に心を許せるものがない。油断大敵だ。Mexcoは“盗人の国”というが、ここの方が気を許せない感じ。ここは“強盗の国”?! 俺の考えすぎかな。

AM1:45発、St.Louis行のバスを待つ。

DALLASのGrey Hound Terminal  ———————————————————- 二十歳の旅日記より

2014年09月10日

GuatemalaのPencion “MEZA”

GUATE

 ベッド数が何十もあろうかという、大きなPencionだ。

 長く住み着いている白人も多い。子持ちの夫婦も住んでいる。とにかく3食付きで$2はいい。同じ食事の繰り返しだけど。

 俺の部屋は4人部屋。前からいるチリ人と、今は日本人があと2人。きのうはアメリカ人がいた。この部屋は、一人旅の者たちばかり入る。今いる日本人のうち一人には、Mexco Cityで会っている人。もう一人の日本人は、アメリカで2年半働いていて、ここで将来を考えようとやってきた人。二人とも28才だ。

 相部屋なのにカギがかからない物騒部屋。ここもアメリカ人ばかりだ。ここに長く居る人々の経歴をたどると、面白そうだ。

Guatemalaにて——————————————————————————- 二十歳の旅日記より

2014年05月02日

MAZATLANの浜辺

M

すばらしい海辺。遠々と7~8kmはあろうか。

太平洋とカリフォルニア湾の合流点、波高し。

RosalvaというSenoritaと知り合う。なぜPorque、今夜の夜行バスを予約したのだろう、残念だ!!

(高波のため、ずぶぬれ!!)

このビーチに沿ったヤシの並木道を夜散歩すると、最高だ。

夜のなぎさでギターを抱えて一人歌う若者。とてもうまいし、またいい男。まけそ~~!!

MAZATLANにて——————————————————————————— 二十歳の旅日記より

2014年01月06日

TIJUANA 2

TF2

国境の白い橋。

行き交うバス、乗用車。

荒涼としてみえる丘。

手前がMexco、向こうがUSA。   Autobus Terminal 横より

TIJUANAにて——————————————————————————- 二十歳の旅日記より

2013年11月22日

TIJUANA 1

TF1

待合所のベンチにて。Mexicanoばかり。騒々しい。ベンチにはバスを待つ人、Muchachas son muy bonitas.

タバコを吸うヤツはほとんどいない。スペイン語はガヤガヤとしか聞こえない。

まったく俺を異民族と見ていない。その方がいいけど、ちょっと頭にくる。

 すごい美人がいる。日本に来たら、Top Star になるだろう。東洋の美しさとは違う。Mexicanoはみな小柄だが、かっぷくがいい。

 アナウンスは、Por favol以外は早口でまったく聞き取れない。ただ、地名と数字を追うのみ。

TIJUANAにて—————————————————————————————- 二十歳の旅日記より

2013年09月19日

OLVERA.St

IMG_8248

OLVERA.St  202.MINI-BUS St入口のベンチより

La Luz del dia (Restaurante)

日本人の団体客多し。

外人(米国人)客はfamily。

民芸品店、食堂、etc.

Weekdayのためか、活気がいま一つ。

思っていたより小さな街。前夜のplazaで降りた人のgroupoと会う。

ハトにはポップコーン。

Mr.RAY なまり強し。何を言っているかさっぱりわからないが、「飲みに行こう!」ってさ。

OLVERA.St にて——————————————————————————- 二十歳の旅日記より

↑PageTop

archives

links

STAFFWORK