2019年01月01日

20190101_info_cooking

皆さま、あけましておめでとうございます!
今年は平成最後の年、また消費税の引き上げなど、社会的にも大きな変化が起こる年です。日々の暮らしに欠かせない「食」を取り巻く環境も刻々と変化している状況の中、おいしいものをつくり、人々の暮らしを豊かなものにしたいという願いは、食に関わる仕事をされている皆さまの変わらない想いではないでしょうか。
食品に特化した広告制作を手がけてきた私たちは、その想いに寄り添い、「おいしさを“伝える”」という役割を意識して日々努力していく所存です。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年09月27日

20180928_suuji

人々の暮らしにおいて、数字を意識しない日はありません。デザインにおいても、数字を上手に扱うことで、人の関心に働きかけ、表現力に幅を持たせることができそうです。
今回の販促通信では、「数字で魅せるデザイン」についてまとめてみました。
秋の夜長の楽しみは、芸術?読書?スポーツ?
ひとまず「おいしいゴハン」でも。

2018年07月02日

20180702_manga

週刊少年ジャンプ(集英社)が創刊50周年を迎えたそうです。こどもの頃、月曜日はともだちみんなで同じページを食い入るように覗き込んでいた、なんて方も多いのではないでしょうか。そして、いまでも漫画好きな大人はじつにたくさんいらっしゃいます。いつの時代も、漫画は人々を魅了し続けているのですね。

今回の販促通信では、大人もこどももついつい夢中になっちゃう「漫画の広告活用」についてまとめてみました。それでは、いよいよ夏本番。バランスのよい食事と、適度な運動。暑さに負けないカラダづくりを!

2018年04月02日

20180401_flower

通勤時に新社会人とおぼしき方たちを目にします。期待と不安を胸に新しい環境に向かう姿に、もう何十年も前の自分の姿を重ねて、社会人の先輩としてよいお手本になれるよう、がんばっていきたいと刺激を受けました。
さて、今回の販促通信は、春の陽気によく合う「フラワー&ボタニカルデザイン」に注目してみました。見ているだけでハッピーな気持ちにさせてくれる「花」をモチーフにしたデザイン表現の数々。この時期の定番の表現について、皆様はどんなふうに感じられますでしょうか。

2018年01月01日

20180101_taiwa あけましておめでとうございます。スタッフワークの今年のテーマは「もっと対話を」です。よい仕事の舞台裏にはいつも当事者同士が交わした「対話」という基礎があります。年頭の抱負として、販促通信のコーナーにまとめましたので、ぜひご一読ください。本年も、よろしくお願い申し上げます。

2017年09月26日

20171001_font

プレゼン資料や企画書づくり・・・。ビジネスシーンの文章作成術は書籍などでも様々なノウハウが紹介されていますが、今回の「販促通信」ではその文章を綴るフォント(書体)に注目してみました。皆様の資料制作の参考にしていただければ幸いです。

2017年07月07日

20170707_topimage_01

今年も夏本番を迎えようとしています。
キンキンに冷えて水滴をまとうグラスビール。炭火で炙られて脂がしたたる焼鳥串。清流を背景にザルに盛られた素麺。暑くて食欲がないのに、なぜか見ているだけで美味しそうと感じる旨いビジュアルの数々。今回の「販促通信」で取り上げてみましたのでぜひご一読ください。栄養バランスのよい食事を心がけ、夏バテや熱中症に気をつけてがんばっていきましょう!

2017年04月01日

20170401_thinkbasic_contents

いよいよ新年度のスタートを迎えました。
あたらしい環境であらたな出会いも増えるこの時期、特にビジネスシーンでは最初の出会いの場の印象を大切にしたいものです。今回の「販促通信」では、そんなビジネスパーソンのベーシックアイテム「名刺」について考えてみました。普段、あたりまえに交換されている名刺だけに、今一度その成り立ちに注目してみました。ぜひご一読ください。それでは、新年度をフレッシュな気持ちでスタートしましょう!

2017年01月01日

あけましておめでとうございます!

年頭にあたり、
スタッフワークの広告づくりについて「販促通信」を更新いたしました。
President Talk ちょっといい話」を更新いたしました。

代表・坂元雄二により
メッセージ」と「経営理念」を更新いたしました。

それでは、
皆様にとって良い「一年」となりますように。
スタッフワークは良い「アイデア」でお応えします。
20170101_topimage_s

2016年09月27日

デザインにおけるビジュアル要素について「それがどのような工程を経て制作されたものなのか?」。一般の人にとってはあまり関心のないことかもしれませんが、私たちのような制作畑から見ていると、世の中には新しくて興味深い表現が次々に誕生しています。昨今、デジタル環境はデザイン制作のうえで必要不可欠なものとなりましたが、アナログ表現は依然、一定の価値を持ち続けています。
今回の「販促通信」では「いま求められるアナログ感」をテーマに考えてみました。

2016_autumun_info_m


↑PageTop